手作り石けんの退色~保管場所の違い

Salon de La femme黒澤です。

 

教室内には、手作り石けんの見本を40個くらい飾っていますが、中にはどんな模様だったのか?退色で分からなくなってしまっているものもあります。
そんな状態でも置いているのは、退色のことを説明できるように。

 

クレイやアースピグメントなどの鉱物系で色付けしたものは退色しにくいですが、植物系で色付けした石けんは退色しやすくなります。

 

ペパーミントハーブが入ったサマーソープの退色<比較>

 

 

昨年作成した、ペパーミント入りのサマーソープ。

<写真上>石けんは自宅でラップに包み、タッパーに入れ冷凍保存していたもの
<写真下>透明な袋に入れサロンのディスプレイ棚に飾っていたもの。

 

上記でも記載しましたが、時間の経過とともに退色していきます。
そして光はそれをさらに早めるため、サロンのディスプレイ棚に飾っていたものは、そんじゃないものに比べ色が色が褪せてしまっています。

 

退色しやすいものとして、レッドパームオイルを使用したオレンジ色の石けんや月桃などを浸出させたグリーン色の石けん・ターメリックパウダーやヨモギパウダーなど植物系で色付けした石けんなど。

作成直後と熟成後。
たった1ヶ月でも白に近い色まで退色する場合もあるので(使用基材・量により)、熟成~保存の間は出来る限り光を遮ることが重要です。

もちろん。石けんになる前のレッドパームオイルやハーブなど基材そのものも、出来るだけ光を遮って保存して下さいね。

 

 

~イベント・外部講師のお知らせ~ 詳しくはこちら

  • 生活の木 原宿表参道校で「デザインを楽しむアートソープ作り」の講座を開催します。
  • 5月25日(金)
    アミューあつぎすまいポート21様で「ハーブを使ったバスボム作り」を開催します。
  • 5月12日(土)
    大和市創造拠点シリウス「おとなカワイイ2018 Mother’s Day マーケット」にて、
    アロマハンドトリートメントで出店します。
  • 6月19日(火)
    アミューあつぎすまいポート21様で「ハーブを使った手ごね石けん作り」を開催します。

 

 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。
ブログ村のランキングに参加しています。応援よろしくお願い致します.
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへにほんブログ村

 

Salon de La femme 黒澤

色と香りのホリスティックケア
セラピスト活動の
アロマボディトリートメント/和み彩香からボトルカウンセリングの
ブログはこちらになります。

神奈川県海老名市の方を始め、厚木市・座間市・大和市・相模原市・秦野市・横浜市・小田原市・横須賀市や東京都 町田市・八王子市・小平市・23区からもご来店頂いております。